電子ブレーカー

電子ブレーカー導入して電気代大幅カット

電子ブレーカーは従来のブレーカーとは異なり、電気基本料金を大幅に削減できます。

[ 電気事業協会の電子ブレーカー・システム ]


 電子ブレーカーを導入し電力会社との契約を変更することで、従量電灯(100V)と低圧電力(200V)の基本料金を使用量に関わらず毎月確実に削減できるサービスです。電気事業協会は、綿密な調査から電子ブレーカー設置、電力会社との手続き、保守管理まで全てのフェーズにおいて独自のノウハウと万全の体制でサポートいたします。

[ 電子ブレーカーを導入して低圧基本料金を削減 ]


 低圧電力は従来負荷設備契約といって、機械のモーター容量の足し算により契約電力が決められています。それを主開閉器契約という一般家庭にも適用されているメインブレーカーの容量で契約電力を決定する方法に変更することで、契約電力を削減できる可能性があります。そして、契約電力を大きく削減できるブレーカーが電子ブレーカーなのです。


電子ブレーカーを導入して基本料金を削減する仕組み

[ 電子ブレーカー導入の流れ ]


 電子ブレーカーの導入にあたっては、弊社では調査代は無料で行なっております。また、電子ブレーカーの設置後、電力会社が確認にきてから契約変更が行われます。

電子ブレーカー導入の流れ
電力会社によっては、設置工事前にブレーカーの試験を行う場合もございます。

資料請求・お問い合わせ

Back to Top