電気契約の最適化

電気契約の最適化によるコスト削減

供給約款・選択約款の見直し、合理化を図ることで削減するため、設備投資の費用がございません。

[ 電気契約の最適化によるコスト削減 ]


 設備などを付けず、電気の使い方を変えずに供給約款・選択約款などの契約内容のみでの最適化をすることにより、電気料金の削減が出来ます。施設の“実際の電気使用状況” に合った『契約の最適化』により、電気料金を最大20%以上削減することも可能です。これは施設の電気使用状況により様々です。

 当然、現在の契約が最適な場合は削減できないケースもありますので、まずは現地調査を行い、診断した上でご提案をさせていただきます。

 電力会社は無駄なく有効に電気を使 用していただくために、さまざまな料金プランを用意しております。しかしながら、その内容は多種多様にわたり、もちろん電力会社が自ら利益が減ることを率先して行うわけでもなく、尚且つ複雑に出来ておりますので、専門家のアドバイスが必要な状況です。

 更に、契約変更申請に関しては、資格者(第1・2種電気工事士)が必要なケースもあります。弊社では、電気料金の見直しから、実際の契約変更業務の煩わしい作業・手続き・施工全て行っております。

[ 電気契約プラン(低圧)の概要 ]


 現状のプランよりも電気料金を安くするために、従量電灯C⇒高負荷率型電灯へのプラン変更(無料)をおこなったケースです。

 現状の従量電灯Cよりも毎月約10,559円程度電気料金を削減できます

 高負荷率型電灯とは従量電灯と比べ基本料金が非常に高いのですが、使用料金単価は安い(特に夜間)という特徴があります。契約容量が小さく、使用量が多い施設ではメリットが出やすいメニュープランです。

電子ブレーカーを導入して基本料金を削減する仕組み

*金額は全て1kwhあたりの税込の電気使用料金単価(九州電力)です。

資料請求・お問い合わせ

Back to Top