電力セレクト(完全無料)

5つのメリット
①費用完全0円 ②経費削減 ③削減の見える化 ④新サービスの適用 ⑤電気の無料相談

[ 2016年 電力全面自由化 対応プロジェクト ]


 サービスを導入する前に、事前に削減シミュレーションを行います。 電力会社の新サービス・新電力の各サービスを総合的に試算・比較し、お客様の電気使用実績・使用形態に合ったベストなサービスをご案内いたします。 現在よりも電気料金を確実に削減出来る場合のみ、手続きを進めさせていただきます。 お客様に一切のリスクやデメリットを与えることなく、電気料金の削減を実現いたします!!

[ 電力自由化の歴史と流れ ]


 ※H12 電気事業法の改正により、段階的に電力の自由化が行われており、2016年4月1日からは 低圧で電気を使用している需要家も、電力会社を自由に選定することができます。

電力自由化の歴史と流れ
これからは家庭の電気も電力会社を選べる時代です。当協会ではお客様の使用状況、使用量に合った料金プランや新電力会社のサービスを随時ご案内させていただきます。

[ 電気の供給のしくみ ]


電気の供給方法



発電設備事故時のバックアップ及び契約

[ 新電力の販売量とシェアの推移・今後の予想 ]


 新電力の販売量とシェアの推移・今後の予想従来の電力会社と比較した場合に新電力全体ではどのくらいシェアの比率が上がってきているかを見ていきます。

 下の図は、経済産業省によってまとめられた新電力全体の総販売量と、自由化部門全体の中で新電力が占める割合を示したものです。

 段階を追って解放された電力市場ですが、50kW以上の高圧需要家に対しても新電力として電力供給ができるようになった2005年時点で、新電力が自由化部門全体に占める割合は2%程度でした。

 はじめはシェアの伸びは緩やかだったものの、新電力の登録数が増えてきた2013年以降は急激に伸び率が上がっています。2015年度の第一四半期は全体で6%を越えています。

新電力の販売量とシェア推移


低圧、高圧、特別高圧の需要の割合

 上の図は、『低圧』、『高圧』、『特別高圧』の需要の割合と、各需要に占める新電力のシェアを示したものです。2005年から現在まで、高圧受電の需要が全て自由化の対象となってから10年以上経っており、2013年以降、新電力会社のシェアが大幅に増えたものの、 2015年11月の実績としては約7.5%となっております。

 富士経済は、2016年4月に自由化される一般家庭など低圧分野の市場動向について、20年度の新電力(特定規模電気事業者)のシェアが10%にとどまるとの調査結果をまとめています。
 新電力にとって、低圧分野への進出は運用管理システムの導入やコールセンターの設置、人員の拡充といった事業環境の整備に費用と時間がかかる点を指摘。新電力の低圧分野でのシェア予測は、16年度が1%、17年度が2.5%、18年度が4.5%、19年度が7%と見込んでいます。

[ 新電力サービスの試算サンプル事例  ]


 ※H12 電気事業法の改正により、段階的に電力の自由化が行われており、2016年4月1日からは 低圧で電気を使用している需要家も、電力会社を自由に選定することができます。

新電力サービスの試算結果
※ 設備投資費用や手だしの費用は一切かかりません。お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

Back to Top