テマンド・コンサルティングサービス

完全成功報酬型コンサルティング契約のエスコ事業方式により、お客様にリスクやデメリットを与えることなく削減を実現いたします!

[ 初期投資0+効果保証 ]

削減に成功しなければ、料金(報酬)はいただきません!!

 エスコ事業とは、従来の利便性を損なうことなく省エネルギー・省コストに関 する包括的なサービスを提供し、その顧客の省エネルギー・省コストのメリットの一部を報酬として享受する事業です。エスコ事業は、第一次石油危機を契機に、米国において省エネルギーを牽引する新たな民間ビジネスとして発展してきており、日本においても、省エネルギー・省コスト実現のための有効な手段として普及が期待されています。その包括的なサービスとは、

① 省エネルギー・省コスト方策発掘のための診断・コンサルティング
② 方策導入のための計画立案・設備施工・施工管理
③ 導入後の省エネルギー・省コスト効果の計測・検証
④ 導入した設備やシステムの保守・運転管理

等の全て、またそれらの組み合わせで構成されます。またエスコ事業は、 省エネ・省コスト実現による固定費の削減分で全ての投資をまかなう事業であり、また省コスト量の保証(顧客の利益保証)を含む契約形態(パフォー マンス契約)をとることにより、顧客の利益の最大化を図るという特徴をもっています。

エスコ事業の特徴を以下の4つに集約することができます。

① 光熱費等経費の削減分で全ての経費をまかなう。
② 省エネルギー・省コスト効果を保証する。
③ 包括的サービスを提供する。
④ 省エネルギー・省コスト効果の検証を徹底する。

設備投資費用や手だしの費用は一切かかりません。効果やメリットがなければいつでもキャンセルできます。

[ 電気料金の仕組み ]


 電気料金の仕組みがわかると、さらに上手に電気を節約できます。
 電力会社に支払っている電気料金は下記のようになっています。

※ たった30分の間、電気の使用が集中しただけで、基本料金は高くなってしまい、最低1年間はその高くなった基本料金を払い続けなければなりません。

 一度上がってしまった基本料金は最低1年間は下がりません。

 たとえ翌月から電気を全く使わなくても基本料金(契約電力)は下がらず、払い続けなければなりません。



 上記の理由から、いかに基本料金を上げないようにするかが重要です。


では、現在の基本料金を下げるためにどのようにしたら良いでしょうか?

A: 監視装置を設置し、制御することで現在の基本料金を翌月から下げることができます。

 電力会社と同期させた監視装置を設置し、目標値を超えそうになったら空調機等を一時的に停止させることにより、基本料金を下げることができます。

節電のポイント:常に節電をするのではなく、デマンドが上がった時のみ節電をすることにより、一年間の基本料金を大幅に削減することができます。現場の方への極端なご負担もなく、効率よく節電をすることができます。

[ テマンドコンサルティングによるコスト削減事例 ]



※デマンド監視装置は無料で取り付けを行い、電力会社との協議・交渉は当社の方で全て行ないます。

※サービスを導入して削減の検証をさせていただき、最初の1年間は削減できた分の4割を、2年目以降は1割を成功報酬(月額コンサル料)として毎月請求させていただきます。

※仮に削減ができていない場合は、一切費用は請求いたしません。

※デマンド監視装置の使い方や、運用の仕方など、わかりやすく説明、アドバイスさせていただきます。

資料請求・お問い合わせ

Back to Top