電気事業協会の蓄熱式電気暖房器

Electric heater

蓄熱式電気暖房器

Reduction of basic electricity charges

夜間蓄熱型機器導入による電気料金の削減

蓄熱式電気暖房器

現状より約20%電気料金を下げます

マンション100V共用部分電灯 電力会社契約プラン対応

夜間の安い電気を上手に使用し電気料金を大幅に削減

蓄熱式電気暖房器

電力会社には電気の安定供給の義務があり、ピーク時を基準に電気を準備しており、当然ながら昼間の電気の使用量の方が多いため、夜間は電気を余らしているのが現状です。そこで負荷の平準化を図るべく、需要家に無駄なく有効に電気を使用していただくために、昼間と比べ夜間はかなり電気料金が安くなるという料金メニュープラン(電化でナイトセレクト)を用意しております。しかしながらマンション共用電灯部の契約を、そのプランに変更するためには、電力会社が認めた「夜間蓄熱型機器」の導入が必要になります。更に、契約変更申請に関しても、資格者(第1・2種電気工事士)が必要になります。当社では、電気料金見直しの調査、試算、実際の契約変更業務の煩わしい作業・手続き・施工全て行っております。

蓄熱式電気暖房器

節電しながら毎日がふんわり温かい

暖炉のようなポッカポカの優しい暖かさ。火を使わずに、夜間の割安な電力で本体内部のレンガを熱く蓄熱して、放熱によってお部屋を快適に温めてくれます。
※取り付ける蓄熱式暖房器は2.25kWの容量の5、6畳用です

※上記の金額は全て1kwhあたりの税込の電気使用料金単価(九州電力)です。
※2019年11月からの料金単価です。
※休日とは、土、日、祝日、1/2~3、4/30~5//2、12/30~31
※春・秋とは、3/1~6/30および10/1~11/30

蓄熱式電気暖房器に関するご相談・お申込みはお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お申込みはこちら