電気事業協会の契約容量の見直し

Contract review

契約容量の見直し

Proposal for capacity change

容量変更(電灯)のご提案

従来のブレーカーから「より容量が小さいブレーカー」へ

事前に必要な電流値を測定し、従来のブレーカーから、より小さな容量のブレーカーに変更することが可能です。

契約容量の見直し契約容量の見直し

100V 共用電灯(2020年1月27日10時00分~1月29日8時30分)

※東京電力 従量電灯C 1kVA=286円(税込)

所見

夜間、共用灯が全灯しましても、15A前後しか電流値は流れていませんので、40A(MCB)の主幹ブレーカーで、8kVAまで容量を下げても問題ございません。30A(MCB)6kVAまで容量を下げても問題はないかもしれませんが、今後の設備の増加や、予備電源確保を考慮し、40A(MCB)8kVAをお勧めいたします。

契約容量の見直しに関するご相談・お申込みはお気軽にお問い合わせください。

ご相談・お申込みはこちら